英紙おとり取材 「スラムドッグ子役 家族が売った」


英紙おとり取材 「スラムドッグ子役 家族が売った」
----------------------------------------------------------------
 4月19日付の英大衆紙ニューズ・オブ・ザ・ワールドは、インドを
舞台に孤児だった青年の半生を描き、米アカデミー賞で作品賞など8部
門を制覇した英映画「スラムドッグ$ミリオネア」に出演し、人気を博
したスラム出身の女児(9)の家族が、アラブの富豪に成り済ましたニ
ューズ・オブ・ザ・ワールドの記者に20万ポンド(約2900万円)
で女児の養子縁組を持ち掛けたと報じた。
女児は青年の初恋相手であるヒロインの子供時代を演じた。インドでは
貧しさゆえ自分の子供を売らざるを得ないケースが多々あるが、貧困と
いう弱みにつけ込んだニューズ・オブ・ザ・ワールドのおとり取材に異
論も出そうだ。
 ニューズ・オブ・ザ・ワールドによると、女児の父親は「私と家族、
そして娘の将来に最善の方法を考えなければならない」とし、娘の養子
縁組に応じる対価として20万ポンドを要求した。女児のおじも「この
子は普通の子ではなく、オスカーを獲得した(映画に出た)子だ」と主
張、当初の4倍に値をつり上げた。
 だがインド紙ヒンドゥスタン・タイムズによると、その後おとり取材
だったことが分かると、父親は「ルビナ(娘の名)を売るつもりはな
い」と養子縁組を否定した。(ニューデリー 共同)
----------------------------------------------------------------
この件、現在人身売買として警察が捜査をはじめるらしい。正直なところ、これはニュース・オブ・ワールドに非があるんじゃないのだろうか?
だいたいおとり取材って、何をしたかったんだろう。このタブロイド紙
が話を持ち掛けなければ、事件自体が起こってないんじゃないの?
マッチアンドポンプ的な方法で事件を作り出して記事にしてるように
思えてしまいました。いやあマスコミって怖いね。
タグ:ニュース

「キャンプに行くようなもの」テント被災者に伊首相がまた失言


「キャンプに行くようなもの」 テント被災者に伊首相がまた失言
----------------------------------------------------------------
失言癖で有名なイタリアのベルルスコーニ首相(72)は7日、同国中
部地震の被災者が暮らすテントを訪れた際、子どもたちに「テントで暮
らすのはキャンプに行くようなもの」と発言した。ANSA通信が伝えた。
 首相は8日、発言の真意を尋ねられると「悲観的な雰囲気を楽観的な
ものにしたかった。子どもたちは笑っていた」と説明した。

 首相はまた同日の記者会見で、震災により「個人記録を打ち破った。
44時間寝ていない」と自らの頑強さを強調。首相は6日の地震発生以
来、3日連続で現地に足を運び、視察や記者会見に臨んでいる。
(sankeiニュースより転載)
----------------------------------------------------------------

イタリア首相がまたまた失言です。
はっきりいって、麻生首相の失言なんてまだましだなと思えてしまいます。
さすがに麻生首相でも地震被災者にこんなことは言いませんね(笑)

まあ、このイタリア首相は過去にも問題発言してますけどね。

<中国製品>乗用車が安全テストで0点!「鉄くず」の汚名返上ならず―ドイツ


<中国製品>乗用車が安全テストで0点!「鉄くず」の汚名返上ならず―ドイツ
----------------------------------------------------------------
2009年4月9日、シンガポールの中国語メディア・星島環球網は、中国の
自動車メーカー・華晨汽車製セダンがドイツで衝突安全テストを受け、
0点という史上最低の成績に終わったと報じた。

華晨汽車のセダン・駿捷(Brilliance BS4)が臨んだのは、ドイツ自動
車連盟(ADAC)が実施する衝突安全テスト・ユーロNCAP。駿捷は、前面
衝突テストでは9点(16点満点)、側面衝突テストでは13点(18点満
点)の成績を上げた。本来ならば3つ星(最高は5つ星)評価を得ること
ができるはずだったが、そこに落とし穴があった。2009年2月よりユー
ロNCAPは安全装置の設置基準が厳格化されているが、駿捷はシートベル
ト着用警告装置、エレクトロニックスタビリティプログラム(ESP)が
搭載されていなかった。このため、0点という史上最低の評価となって
しまった。<yahooニュースより転載>
----------------------------------------------------------------

テスト自体では3つ星だったようですが、テスト必須の装備が未装備
だったために、最低の評価になってしまったようです。
中国メーカーも頑張ったんでしょうけど、欧州基準を甘く見ましたね。
欧州は、アジアとは違って、いろいろと基準が高いですからね。
しかし、鉄くずと評価されるとはドイツも手厳しいですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。