北朝鮮、米に「敵視政策」放棄求める 6か国協議前に




こういうところは、外交上手といえるんでしょうね。
北朝鮮が6カ国協議を前に敵視政策放棄を米国に求めた。って、テロ支
援国家の指定解除もまだですよ。しかも申告内容の検証もこれからだっ
てのに、さらに要求を出してくる。見方によっては、呆れるような事
ですが、見習うべき点でもあるんじゃないでしょうか。

六ヶ国協議も継続していますが、日本としてはきっちりと拉致問題を解決しない限り支援はしないことを関係諸国に主張してはどうでしょう
か?北朝鮮側は、拉致問題は六ヶ国協議に関係ないとして日本が無理な
要求をしているような発言をしているみたいですね。向こうがそうなら
六ヶ国協議を停止させるくらいの強気で臨んでほしいですね。

日本も財政赤字の問題から、国民に増税の理解を求める割には、他国へ
支援をしようとか言うわけですからね。政治家の人たちからすれば、
他人の財布(日本の国庫)でお金をあげてるようなものですか?自分た
ちの懐は痛まないですからね。いい加減にしてほしいものです。


北京のホテル業界が値下げ開始、強気の価格設定が裏目に




中国ホテル業界も五輪景気を狙ったんでしょうが考えが甘すぎましたね。
自業自得です。チベット問題や暴動なんかが原因で値下げを余儀なく
されたっていうなら同情もしますが、五輪観光客目当てで宿泊料金を
従来の3倍以上に設定しているホテル側が悪いでしょう。なかには6倍
以上に料金設定しているホテルもあるって言うから驚きです。

予約率が低下しているため、空室を埋めるのに料金を約半分まで値下げ
しているって書いてるけど、もともと3倍以上に設定してるなら、まだ
高いだろうって話ですよね。

ところで、北京五輪って盛り上がってるんでしょうかね?ニュース見て
いると、北京五輪よりも中国での暴動やテロのほうが目立っている気が
してしょうがないです。中国としては不本意なんでしょうが、これが
現実なんですかねえ。

「ジェノサイド」、最も罪深くかつ証明しにくい戦争犯罪



このニュースを見て、初めてジェノサイド条約というものがあることを
知りました。さらにこの条約のジェノサイドの定義を見てびっくり。

要約を引用するとジェノサイドは「国民的、民族的、人種的または宗教
的集団の全部または一部を破壊する意図をもって行われる行為」と定義
され、行為としては、
・集団構成員を殺すこと
・集団構成員に対して重大な肉体的または精神的な危害を加えること
・全部または一部に肉体の破壊をもたらすために意図された生活条件を
 集団に対して故意に課すること
・集団内における出生を防止することを意図する措置を課すること
・集団の児童を他の集団に強制的に移すこと
 が明記されている。
ただ、虐殺というだけではないみたいですね。
しかもこの犯罪が立件するには、「破壊する意図をもって行為を行った
ことを立証」しなければならない。

明確に命令した証拠があればだけど、証言だけでは虐殺の意図があった
ことを立証するのは難しいです。

こういうニュースとかを見ていると、不謹慎で申し訳ないですけど、
いろいろと小さな意味で日常への不満はあるけれど、日本という平和な
国に生まれたことに感謝しないとね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。