五輪の中国メンツ懸け「地産地消」


【五輪の中国】メンツ懸け「地産地消」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/163969/

さすが中国、圧力掛けても中国産の食材を使わせるのか(笑)
選手村の食事提供を一手に扱うのは、過去14回、五輪での食事提供を
してきた米国のアラマーク社だそうです。そういう意味では、安心かな
と思ったところ、当初、食材業者を中国以外から選定しようとしたら、
国家権力の圧力により、中国の業者にきまったらしいです。

普段なら気にしませんが、4年に1度の五輪ですから、問題起きないよう
に中国にがんばってもらうしかないでしょうね。私が選手だったら、
めちゃめちゃ不安ですけどね。

農薬も化学肥料も一切使わずに野菜を育成する農家と契約、生産地や
加工過程をバーコードで記録して監視するから安全だと言う話です。

正直、無理だろうな。中国よりも食の安全にうるさい日本でも、
産地偽装や消費期限偽装がいっぱい出ているんだからね。

星野監督率いる野球日本代表は、選手村には入らず、ホテルを拠点と
して確保したみたいですね。食材も日本産を独自に確保、水まで
確保するつもりみたいです。それが一番正解なのかもね。

「故意の墜落」か、ガルーダ航空元機長の裁判始まる




見出しを見たときに、正直見出しを理解できませんでした。
【「故意の墜落」か、ガルーダ航空元機長の裁判始まる】ですよ。
テロなら理解しますが、航空会社の機長が、故意に墜落ってどうなの。

単に着陸失敗したわけではないのが下記の理由からも明らかです。
・自動操縦の15個の警告無視
・安全な着陸速度の2倍の速度で着陸
おいおいそんな航空会社があるのか?と思い、Wikiで調べてみました。
インドネシアの航空会社は全体的に安全基準を満たしていないため、
EUが乗り入れ禁止にしているらしい。アメリカも旅行者に注意を
呼びかけてるみたいです。日本はどうしてるかっていうと、成田、関空
中部国際空港で乗り入れてるみたいですね。

航空会社全体が安全基準を満たしていない国って、どういうこと?
インドネシアって、発展している国だと思うけど、安全面にはまだ
目が向けられていないのかな?

航空料金が高くても、日本の航空会社の飛行機が安全ってことみたい
ですね。これから夏休みで飛行機乗る機会も増えると思いますので、
航空会社選びは、慎重に!

スーダンは戦争の国?魅了された3人の欧米人ライダー




ちょっと驚きのニュースです。
スーダンのイメージって、確かに内戦などや難民の報道のイメージが
強かったです。

この記事を見る限り、復興してきているのかなって気がしますね。
ただ、紛争地域はスーダン西部に集中していることや民族間の争い
ということも関係しているのかな?首都があるのは、東部のナイル川
沿いになってますから、ナイル川沿いの東部では、復興しているが
西部の国境近くでは、今も紛争地域ということなんでしょうね。

数十万の難民が、隣国に流入したりして、アフリカ的には結構問題
になっているみたいですからね。また、この紛争(ダルフール紛争)に
よって、チャドとスーダンが対立したりしてるので、調べてみると
そこまで安心できる国とはいえないみたいです。

ただ、紛争が終われば、このニュースにあるように観光立国として
いけるかもしれませんよね。エジプトにも隣してますし、紅海に面
しているから、場所的には良い位置かなあ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。