民主幹事長、臨時国会の審議復帰に柔軟姿勢


民主幹事長、臨時国会の審議復帰に柔軟姿勢
----------------------------------------------------------------
民主党の鳩山由紀夫幹事長は3日、兵庫県西宮市内の記者会見で、臨時国会への対応について「国会の議論を通じて、改造内閣に正面から民主党として政策論争をしていくべきではないか」と述べ、審議復帰に柔軟な姿勢を示した。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080803AT3S0301403082008.html
----------------------------------------------------------------

民主党が国会審議に復帰する姿勢を示したのは良いことですね。
自・公連立の長期政権で、国民の政治不信は募る一方ですから。
民主党には野党第一党としての自覚を持って、国会審議に積極的に
参加して欲しいですね。
以前のように、衆参ともに過半数を取れていない頃とは、違って、
参議院の過半数は野党が占めているんです。審議拒否をしたところで
自民党の強行採決の前では、意味がありません。

民主党がこれから本当に政権を担う政党たろうとするのであれば、審議
拒否などという責任放棄ともいえる方法ではなく、きっちりと与党と
内容について、審議を行ない、国民に対して情報発信をするべきだと
私は思っています。

麻生幹事長は個人的に応援したいところですが、最近の国内外への政治
的対応を見ている限り、自民党には期待していません。とはいえ、民主
党も政策実行については、未知数なので期待しにくい部分が有りますね。
とはいえ、日本をより住みやすくするために民主党がんばって欲しいと
いうのが本音ですね。

安心実現内閣?




福田総理の改造内閣が発足しました。
総理曰く、「安心実現内閣」らしいですが、なにをどう実現できるか
いまからお手並み拝見ですね。
麻生氏が幹事長というのは驚きました。ポスト福田という狙いもあるん
でしょうが、福田内閣が人気取りに起用した感じがしますね。
しかし、頭である総理が代わらなくて、強いリーダーシップがあるんで
しょうかねえ。官房長官、外務大臣が留任したから、竹島問題とか
外交関係は相変わらず弱腰のままなんでしょうね。

いっそのこと、解散総選挙で、民主党に政権とってもらいたいですね。
まあ、民主党がどれだけできるのか未知数だけど、今の自民党よりは
きたいできそうですからね。

桐生一高、辞退せず 校長「他の部員にまで責任負わすのは…」


----------------------------------------------------------------
桐生一高は野球部員の逮捕を受け、31日夜、同校で記者会見を開き、高橋昇校長(54)は「大変な不祥事を起こしてしまい、慚愧(ざんき)に堪えない。悲痛な思いだ」と頭を深々と下げて謝罪。その一方で、甲子園出場を辞退しない考えを表明した。
 高橋校長は会見で、「逮捕された生徒はレギュラーメンバーではなく、他の部員にまで責任を負わせるのはしのびがたい」と述べ、甲子園出場を辞退しない考えを強調。県高校野球連盟には同日午前に事件を報告しており、最終的には日本高野連の判断に従うとした。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/other/165852/
----------------------------------------------------------------

最初見たときは、万引きとかで野球部員が逮捕されたような話かなと
思いました。だって大変な不祥事だけど甲子園出場を辞退しないって
学校が主張してるんですよ。
ところが、きちんと問題となったニュースを見てみると、強制わいせつ
で逮捕です。高校生の女の子を後ろから襲い、雑木林に連れ込んでわい
せつなことしてるんですよ。甲子園出場をするような学校の野球部員
ですから、ベンチ入りしていなくても屈強な学生でしょう?
被害にあった女の子がどれだけの恐怖を感じたか、そして被害者の今後
の人生に悪い影響をあたえるような卑劣な犯罪です。

それだけの不祥事を起こしておきながら、甲子園出場をしたいと言い、
「レギュラーメンバーでない」とか「他の部員にまで責任を負わせるの
は忍びない」って、なにか間違っていませんか?
野球は個人でやるものですか?チームでやるものじゃないでしょうか?
しかもスポーツキャスターが下記のような信じられないコメントをして
いるなんて絶句ですね。

以下抜粋-------------------------------------------------------
◆スポーツキャスター、佐々木信也氏
 「1人が悪いことをしたら組織全体が責任を取るという伝統が日本にはあったが、最近の野球界では、本人だけを出場させないという方向に変わってきている。高野連にも、チームは出場できる方向で考えてほしい。野球部全体の責任にすると、逮捕された本人が将来、『あいつのせいで出られなかった』といわれ続け、心に重しを負うことになる」
----------------------------------------------------------------
被害者の女性は、心に傷を受け、今後その傷と向き合いまがら生きて
いかなければいけない可能性が高いです。そんな傷を負わせた犯人の
高校生が心に重しを負うことになるのは当然ではないでしょうか?

高野連は、出場を認める方向らしいですが、はっきり言っておかしい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。