自分の子供になんてことを・・・


3歳長男に犬用の首輪、ひもでつなぐ 逮捕監禁容疑で父親逮捕
-------------------------------------------------------------------------------
 徳島東署は25日、長男(3)の首に犬用の首輪をつけて拘束したとして、逮捕監禁容疑で徳島市鷹匠町、無職、山下翔吾容疑者(26)を逮捕した。同署によると、長男に外傷はなく、衰弱した様子もない。
 逮捕容疑は15日、自宅マンションで長男の首に首輪をつけて長さ約1・2メートルの革製のひもで部屋の窓の鍵の部分につなぎ、体の自由を奪った疑い。鍵の高さは約90センチで、長男の身長は86センチだった。
 山下容疑者は妻と長男の3人暮らしで「昨年夏ごろから、自分たちが寝る時や、子供だけ残して外出する時に、動き回って部屋を散らかさないようにつないでいた」と容疑を認めている。徳島東署は妻からも事情を聴いている。
 徳島県中央こども女性相談センターなどによると、15日に山下容疑者の家を訪れた知人が、長男がつながれているのを写真に撮り、25日に徳島東署に相談した。
-------------------------------------------------------------------------------
なんだか、最近のニュースを見ると日本大丈夫かと思ってしまいますね。血のつながった我が子にこんな仕打ちするなんてねえ。まあ、昔と違って、いろんな媒体でニュースが手に入るから目につき始めたのかもしれませんが。生まれてくる子は親を選べないからねえ。

新垣隆氏の退職、学生らの反対で白紙に 8000人の署名集まる


佐村河内守氏のゴーストライター新垣隆氏が非常勤講師を退職願い出る 学生が退職反対署名活動で白紙に
-------------------------------------------------------------------------------
先日佐村河内守氏のゴーストライターを18年間行っていたと告白した新垣隆氏。桐朋学園大学にて非常勤講師を務めていたが、今回の事件を受けて自身から退職を願い出たことが分かった。その退職願は当初認められる形だった。
しかし学生達が反対署名運動を展開し、退職が白紙に戻ったようだ。桐朋学園大学のウェブサイトには次のようなコメントが書かれている。

CD等が発売され、広く知られている作品に関し、本学非常勤講師である新垣隆氏が長年にわたってゴーストライターであったことが判明しました。新垣隆氏の私的な行為とはいえ、本学と致しましても誠に遺憾であり、今後、経緯や事実関係などを詳しく調査したうえで、厳正に対処いたします。

平成26年2月6日
桐朋学園大学
上記コメントは会見直後で学生による反対著名活動(10日)が起こる以前のものである。新垣隆氏は学生から愛されている優秀な講師だったようだ。
なお署名は2月11日13時45分現在で8400筆以上集まっており今でも署名数は増え続けている。オンライン署名プラットフォームの『Change.org』で署名が行われており、学生以外も署名が可能となっている。
-------------------------------------------------------------------------------
この記事を見ると、この新垣氏は人望のある方だったようですね。ゴーストライター問題で、退職を願い出た新垣氏に対して、学生が退職反対の署名運動をしてくれた上に、現在8000名以上の署名が集まっているらしいです。表現はおかしいですが、見てる人は見てるってことですね。

泥沼になっていますね。


「JBC、亀田ジムを国外追放へ 会長らのライセンス更新を認めず」
-------------------------------------------------------------------------------
 国際ボクシング連盟(IBF)スーパーフライ級王者の亀田大毅(25)が、昨年12月の2団体王座統一戦で敗れながらIBF王座を保持している問題で、日本ボクシングコミッション(JBC)が亀田ジムの吉井慎次会長と嶋聡マネジャーのライセンス更新を認めない方針を固めたことが6日までに明らかになった。事実上の資格剥奪処分で、JBCは亀田ジムを国内から追放することになる。
 過去の経緯も含めてボクシング界に混乱を招いた責任を求めるもので、ライセンスが更新されなければ会長不在となり、亀田興毅、大毅、和毅の3兄弟は亀田ジム所属として国内で試合ができなくなる。JBCは7日に会見を開き正式発表する予定。
 JBC幹部は「JBCを敵視する発言を続け、ボクシング界のルールを守れないなら退場してもらうしかない」と話している。3兄弟がジム移籍を申請した場合には、JBCは書類のみでは許可せず、厳格な審査を経て可否を判断する方針。
 問題の試合では、相手が体重超過で失格となったが予定通り行われ、亀田大が判定負けした。国際ボクシング連盟(IBF)は亀田大敗戦の場合、王座は空位になると発表していたが試合後に翻し、亀田大の王座を保持するとの見解を発表した。
 JBCは試合前から勝敗に関係なく王座保持が分かっていたとする亀田側の主張を問題視。また昨年9月に行われた亀田大のIBF世界戦でも、当日計量を事前報告なしに2時間繰り上げて非公開で実施したことを問題視した。
 JBCの各種ライセンスの有効期間は1年で期限は毎年12月31日。規則では「ライセンスの翌年への更新は特別の事情のない限り許可される」と定められているが、一連の騒動が“特別の事情”に該当すると判断したもようだ。
-------------------------------------------------------------------------------
JBCとしては、厳しく処分を下す方向らしいけど、亀田ジムは、これを受け入れるわけないよね。裁判沙汰での泥沼になりそうですね。しかし、興業的な問題があるにせよ、試合前と試合後で話が変わるはどうかなと思いますね。事前の取り決めがきちんとされてなかったってことなのかな?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。