平時には絶対使わない「禁じ手」…レーダー照射


------------------------------------------------------------------------------------
読売新聞 2月6日(水)9時16分配信
 中国海軍艦艇によるレーダー照射について、米民間調査機関「新米国安全保障センター」のパトリック・クローニン氏は、「他国軍艦船などへのレーダー照射は、一触即発の状態を招く敵対行為だ」と指摘した。
 在ロンドンの軍事筋も、「レーダー照射は、平時には絶対に使わない『禁じ手』だ」と強調する。
 イラクでは湾岸戦争終結後、偵察飛行中の米軍機などに対し、イラク軍がレーダー照射を行う挑発事案が相次いで発生した。米軍はイラクの行為を軍事行動と見なし、報復としてイラクの防空レーダー施設などを空爆した。
 クローニン氏は、同様のレーダー照射は「冷戦期は米ソの間で頻繁に起きた」とした上で、「こうした行為が極めて危険なことから、米ソは交渉の末、回避に向けた取り決めを設けた。日中も、こうした事態を避けるためのルールを作る必要がある」と指摘した。(ワシントン 山口香子、ロンドン 林路郎)
------------------------------------------------------------------------------------
こうなってくると、中国が軍事行動まで行うんじゃないかなって気がします。
あくまでも挑発ならいいけど、それを超えてる気がしますね。

こうなると、本当に国防軍が必要な感じがする。
国防軍創設はちょっと行き過ぎな気がしてたけど、そうも言ってられない様子ですね。

民主党総理は二代続けて、やっぱり宇宙人?


-----------------------------------------------------
首相ナゾの動き 「政治停滞」体現か
「やっぱり復旧・復興と自然エネルギーだ」

 菅直人首相は22日夜、首相官邸を出る際、記者団から今国会
会期の70日延長が決まったのを受け「一番やりたいことは?」
と問われ、こう即答した。首相の退陣時期と絡む会期延長を
めぐる混乱を乗り切ったせいか、安堵(あんど)した様子が
うかがえた。

 ただ、首相はその間、立ち止まって記者団に顔を向けて
質問に応じたところまでは良かったが、なぜか両手を振りながら
足踏みする珍妙な動きに。ぶら下がり取材を拒否し続けているのに
今回は饒舌になったことに後ろめたかったのか、それとも
退陣時期を明確にせず延命に固執する首相自らが招いた
「政治の停滞」を体現したかったのか!?
-----------------------------------------------------
ここ数日の、民主党執行部すら困惑する首相のやりかたをみると
どうやら管総理も宇宙人だったのか(笑)と思ってしまいました。

参院選 候補者擁立に遅れ、あるか民主の単独過半数


----------------------------------------------------------------
 今年夏の第22回参院選に、選挙区と比例代表合わせて約200人が
立候補を準備していることが3日、産経新聞社の調査で分かった。3年
前の同時期(231人)に比べ約30人少ない。昨夏の衆院選から間が
なく民主、自民両党とも候補者決定が遅れていることが要因だ。昨年9
月に誕生した鳩山政権にとっては最初の大型国政選挙だが、政権の実績
とともに「政治とカネ」への有権者の判断も注目されそうだ。
 民主党が衆院に続き参院でも単独過半数を得られるかが焦点。連立与
党で過半数を維持できないと、衆参で多数勢力が異なる「ねじれ国会」
の再現となる。
 任期満了(7月25日)を迎える改選議員は選挙区73人、比例代表
48人の計121人。定数は242で、非改選と合わせ122議席が過
半数。
 民主党は非改選62のため単独過半数には60議席が必要。改選53
からは7議席上積みが必要だ。社民、国民新両党の連立与党3党では非
改選67なので、3党の改選58を下回る55議席でも3党で過半数と
なる計算だ。
 離党表明した議員を除くと現在78議席の自民党は改選が42。自民
党単独過半数には44議席足りない。公明党、共産党、改革クラブが現
有議席と、野党の立場を維持した場合でも、改選に12議席上乗せした
54議席がなければ与野党逆転がないという厳しい状況だ。
----------------------------------------------------------------
民主党は、今年は勝負の年となるんじゃないでしょうか?
去年の衆院選のときは、とりあえず民主党に任せてみようと
考えたひとが多かったとは思いますが、いろいろと問題が
山積みですからね。

偽装献金の件は、ひとまず大丈夫な気がしますけど、外交や政策面での
問題をうまく乗り切れるかどうかでしょうね。

総理、国民は馬鹿じゃないですからね、いつまでも強気でいると
痛い目に遭いますよ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。