県外移設が良いのは分かるけども・・・・


菅官房長官が4月3日に沖縄初訪問 沖縄県は埋め立て申請受理
-------------------------------------------------------------------------------
産経新聞2013/03/29 22:31更新
 菅義偉官房長官は29日の記者会見で、4月3日に沖縄県を訪問する意向を表明した。仲井真弘多(ひろかず)知事と会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で、日米合意に基づく県内移設の早期実現に理解を求める。一方、沖縄県は29日、政府が22日に県に提出した移設先の名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認申請書を受理したと発表した。
 菅氏の沖縄訪問は就任後初めて。普天間飛行場、仲井真氏が要望している那覇空港第2滑走路の建設予定地の視察も予定している。
 菅氏は会見で、政府が4月28日に開催する「主権回復の日」式典に対し、仲井真氏が県民感情への配慮を求めていることなどを挙げ、「さまざまな問題について知事と率直な意見交換をし、意思疎通を図りたい」と述べた。同時に、仲井真氏との会談で、米軍嘉手納基地以南の施設・区域の返還計画に関して政府側から説明することはないとの認識を示した。
 普天間飛行場の移設先の埋め立て申請に対し、仲井真氏は公有水面埋立法に基づく許可権限を持っている。菅氏は会談で早期の承認に向けた協力を呼びかけるとみられるが、仲井真氏は依然、県内移設に難色を示している。
 これに関連し、県が受理した埋め立て申請に関する今後の手続きは、申請書の一部補正を終えれば、公告・縦覧の準備に入る。仲井真氏は埋め立て承認の可否判断について「8カ月から10カ月かかる」との見方を示している。
-------------------------------------------------------------------------------
沖縄県民が基地の県外移設を要望しているは、理解しているのですが、もう一つの問題として挙がっているのは、沖縄の市街地の真ん中に基地があるので、飛行訓練などで危険なのではないかという点だと思います。もちろん一度にすべての問題が解決できればそれが一番良いと思うのですが、なかなかそうはいかないことが多いです。

それなら、まずは市街地の真ん中から基地を移転、その後県外移設を求めていくというの良いのかなと思います。もちろん、私は沖縄在住ではないので、それが良いかは分からないけども、一度に解決できなくて、そのままの状態よりはよいのかなあと思いました。
この記事へのコメント
2012年4月1日から2013年3月31日までに、沖縄タイムスの投稿欄に掲載された投稿は計2379本(「主張、意見」1611本、「論壇、寄稿」411本、「茶のみ話」357本)。

投稿者年齢別の投稿数
10代  27  1.1%
20代  47  2.0%
30代 171  7.2%
40代 271 11.4%
50代 230  9.7%
60代 685 28.8%
70代 734 30.8%
80代以上 213  9.0%
不明   1  0.0%

投稿者の平均年齢は62.64歳。
10回以上掲載された人は、52人。

掲載回数トップ12 (敬称略)
第1位 渡真利善朋(44)豊見城市 45回
第2位 仲村直樹 (41)宜野湾市 39回
第3位 高安哲夫 (40)那覇市  38回
第4位 山根光正 (69)那覇市  29回
第4位 知念勇一 (71)嘉手納町 29回
第6位 大嶺よし子(68)豊見城市 26回
第6位 上治修  (50)福岡市  26回
第8位 鳩間用吉 (75)那覇市  25回
第9位 岸本定政 (65)糸満市  24回
第9位 比嘉寛  (65)那覇市  24回
第11位 池辺賢児(35)宜野座村 23回
第11位 幸地忍 (68)八重瀬町 23回

Posted by キン坊 at 2013年04月03日 20:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。