<TPP>首相、15日に交渉参加表明


----------------------------------------------------------------------------------
<TPP>首相、15日に交渉参加表明
毎日新聞 3月14日(木)21時40分配信
 安倍晋三首相は14日夜、自民党外交・経済連携本部の衛藤征士郎本部長らと首相官邸で会談した。衛藤氏が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への政府の交渉参加を容認する同党の決議を提出したのに対し、首相は「日本の国益、国柄を守っていくことを心に刻みながら決定したい」と応じた。首相は15日に記者会見し、交渉参加を表明する。
 首相は「この機を逃せば議論をする権利を失う。私には大きな責任がある」と述べ、交渉参加が遅れて日本が不利な状況になりかねないことへの危機感を強調。衛藤氏らは、農林水産分野の「重要5品目」や国民皆保険制度などを「聖域」として最優先で確保するよう首相に要請した。
 首相は15日、表明に先立ち公明党の山口那津男代表と会談し、政府方針に了承を求める。また同日付で甘利明経済再生担当相をTPP担当相に任命する。
【中井正裕】
----------------------------------------------------------------------------------
まあ、どちらがいいのかよくわからないですね。確かに農業関係を考えると、参加しないほうがよい気もするのですが、一方で商業的には参加したほうがよいのかな。ただ、私が不見識なのでしょうが、関税撤廃した場合に農林水産分野は、マイナス面ばかりが取り上げられるけど、プラスのメリットはないのでしょうか?
たとえば、日本産というブランドで海外へ輸出するってのはあまりないのかな?
お米とかは、国産でないと安心して食べれないこともあるだろうし、対策としては、やっぱり国産の農作物を意識して我々国民が購入することでしょうか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。