民主党総理は二代続けて、やっぱり宇宙人?


-----------------------------------------------------
首相ナゾの動き 「政治停滞」体現か
「やっぱり復旧・復興と自然エネルギーだ」

 菅直人首相は22日夜、首相官邸を出る際、記者団から今国会
会期の70日延長が決まったのを受け「一番やりたいことは?」
と問われ、こう即答した。首相の退陣時期と絡む会期延長を
めぐる混乱を乗り切ったせいか、安堵(あんど)した様子が
うかがえた。

 ただ、首相はその間、立ち止まって記者団に顔を向けて
質問に応じたところまでは良かったが、なぜか両手を振りながら
足踏みする珍妙な動きに。ぶら下がり取材を拒否し続けているのに
今回は饒舌になったことに後ろめたかったのか、それとも
退陣時期を明確にせず延命に固執する首相自らが招いた
「政治の停滞」を体現したかったのか!?
-----------------------------------------------------
ここ数日の、民主党執行部すら困惑する首相のやりかたをみると
どうやら管総理も宇宙人だったのか(笑)と思ってしまいました。

国民不在の政治?


--------------------------------------------------------------------------
民主、会期延長幅を提示「10月半ばまで」
 民主党の岡田克也幹事長は20日の与野党幹事会談で、野党側に対し、今国会の会期延長に
ついて10月半ばまでの120日程度を検討していると伝えた。そのうえで「菅直人首相は
特例公債法案、平成23年度第2次補正予算案、再生エネルギー特別措置法案の3つの成立に
強い思いがある」と説明、「時間がほしい」と理解を求めた。

 これに対し、自民党の石原伸晃幹事長は「4カ月間の延命に手を貸すことはできない。
(3法案を)どのように、誰のもとで通すのかを聞いてから賛否を判断する」と述べた。

 与野党は21日午前11時半に再び会談し、会期を決定する方針だ。
(ニュースIZAより転載)
--------------------------------------------------------------------------

いったい誰のための会期延長なんだろうか?震災に対する対応をきちんとするための
国会延長ではなく、管総理の花道を作るための会期延長をしているようだ。
しかし、管総理が辞めた後は誰が総理になるんだろう。だれがなっても結局同じでは、
今の総理交代論に意味がないですよね。

自民党にしても、管総理でなければ、誰でもよいのかな?それだったら管総理でも
問題ない気がしてくるのですが、私の勘違いかな?。

民主党も情けない状態だと思うけど、この状態で追い込めない自民党も
情けないなあ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。