民主党も自民党も似たりよったりか?


小沢氏、強行連発を断念=党内は安堵−民主
----------------------------------------------------------------
 中小企業金融円滑化法案の衆院通過を強行した民主党は20日、衆院
の各委員会で予定していた郵政株式売却凍結法案など11法案のうち7
法案の採決を見送った。自民、公明両党が出席を拒否する中、2日続け
て慣例無視の正面突破を図る構えだったが、方針転換した。党の全権を
握る小沢一郎幹事長も、世論の反発を心配する党内の声を考慮せざるを
得なかったようだ。
 20日午前10時半からの与党国対委員長会談。民主党の山岡賢次氏
は同日中に各委員会で、法案・条約を採決する方針を示し、社民、国民
新両党に協力を求めた。これらの多くは、金融円滑化法案の衆院通過を
待って、20日未明の議院運営委員会で、与党だけで各委員会への付託
を決めたもの。小沢氏ら党執行部は同日中に衆院を通過させることまで
想定していた。
 ところが、小沢氏は同日昼、国会内で輿石東参院議員会長や山岡氏ら
と会うと「乱暴にやらないで自公と一緒にやればいい。24、25日
(も衆院の各委員会)でやればいいじゃないか」と述べ、採決を見送
り、野党と話し合うよう指示した。これを受け、山岡氏は社民、国民新
両党の国対委員長らと再び会談し、方針変更を伝えたが、理由の説明は
なし。強行路線に同調した社民党内からは「何でぶれるのか」(幹部)
と不満が漏れた。
 そもそも、金融円滑化法案の20日未明の衆院通過自体、定例日以外
での委員会採決や与党だけでの緊急上程決定など、慣例に反する対応を
重ねてのこと。さすがに、政府・民主党内で、先行きを懸念する議員も
少なくなかった。
 鳩山由紀夫首相は20日未明の衆院本会議の休憩中に国会内の幹事長
室を訪れ、小沢氏に「こんなことをやって国民はどういう反応をするか
な」と懸念を伝えた。横路孝弘衆院議長も民主党の三井辨雄国対委員長
代理に何度も電話をかけ「十分な審議がないのなら、本会議採決は認め
ない」と2日続けての強行は認めないと伝えた。
 「強行、強行で国民・国会無視と言われたくなかったのだろう」。国
対幹部は、小沢氏が世論の反発を懸念したとの見方を示し、安堵(あん
ど)の表情を見せた。同氏と距離を置く渡部恒三元副議長はこう言い切
った。「昨晩の国会ぐらい国民に恥ずかしい、大騒ぎはなかった」。
(2009/11/20-21:52)<時事ドットコムより引用>
----------------------------------------------------------------
民主党が野党だったとき、あれほど文句をいってた強行採決を行うとはね。
自民党が文句を言ってるけど、自民党だってやってたんだから、文句
言える立場かって思います。

しかし、党代表で総理の鳩山さんより、小沢さんのほうが偉いのか?
なんだかんだといって、小沢さんの意向が優先される状況を見ると、
誰が総理大臣なんだろうって気がしてしまいますな。

たばこ1本10円上げ、1箱500円に 厚労省要望


----------------------------------------------------------------
 厚生労働省は29日、政府税制調査会へ30日に提出する平成22年
度の税制改正要望で、社会保障費の財源確保などのため、たばこ税を1
本当たり10円引き上げるよう求める方針を決めた。実現すればたばこ
1箱(20本)の値段は主力商品で現在の300円から500円に大幅
値上げとなる。

 消費量の減少につながる販売店や葉タバコ農家、喫煙者の反発は必至
だが、鳩山由紀夫首相は政府税調に対し、健康への悪影響を踏まえ、た
ばこ税の見直しを検討するよう指示した経緯があり、税制改正で焦点の
一つになりそうだ。

 たばこ税は、たばこの消費にかかる税。昭和60年に旧日本専売公社
が民営化されて日本たばこ産業(JT)となった際、従来の専売納付金
に代えて「たばこ消費税」として創設。平成元年の消費税導入に伴い
「たばこ税」に名称変更された。紙巻きたばこで1本当たり8・744
円を課税し、国税(特別税を含む)と地方税で折半される。21年度の
税収見込み額は計2兆795億円。1箱500円に値上げした場合の税
収増については、厚労省の研究班が20年に「最初の1年間は4400
億円の増収」との試算を発表している。

 増税が実現すれば、1本当たり85銭引き上げた18年度以来、4年
ぶりとなる。厚労省は19年度の税制改正要望から毎回、たばこ増税を
盛り込んでいるが、金額まで示すのは初めて。

 たばこ税は、麻生政権下の前回21年度の税制改正でも浮上したが見
送られた。
----------------------------------------------------------------
まあ、なんとも言えない論議ですね。私自身は喫煙者なのですが、
増税はしょうがないかなと思ってます。だって嗜好品ですからね。
ただ、ちょっと不安に感じるのは、今の政府の考え方ですね。

机上の理論では、喫煙者が減って増収となる計算らしいけど、ほんとに
そうなるのかな?喫煙者は減ったけど、減収のうえ、タバコ産業の
法人税が減ってしまったら、意味がない気もするんですよね。

環境や健康に悪い→たばこ増税というかんじで政府は増税してますよね。タバコ税については、きっと国民の理解もあると思いますが、この
論法を使うと、環境のためには、環境税導入や消費税UPということも
やりかねない気がして心配ですね。
おそらくお酒も同じように増税されちゃうのかなあ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。